情報セキュリティ基本方針

私たちは、「経済情報で、世界を変える」というミッションを掲げ、ビジネスパーソンの生産性を高め、創造性を解放すべく、新しいプロダクト・サービスを提供し続けます。

お客様と社会の信頼に応えるべく、ご利用の利便性や快適性を維持しながら、大切な情報の「安全性」を確保するため、情報セキュリティ基本方針を定めます。この基本方針を私たちの情報セキュリティに対する取組みの指針し、継続的な改善を行い、事故が発生した場合も原因究明し再発することのないよう努めていきます。

1.継続的なルールの整備・改訂
法令を遵守するのはもちろんのこと、私たちを取り巻くリスクを継続して把握し、そのリスクに対応するために必要なルールの整備・改訂を行います。

2.情報リテラシーを有する者による運用
継続的に、法令や情報セキュリティルールの周知を行い、情報セキュリティリテラシーを醸成し、役員・従業員の1人1人が、法令やルールの意味を理解して、業務を遂行していきます。

3.技術の活用
情報セキュリティに関する最新の技術動向を把握し、ご利用の利便性や快適性を維持しながら、より安全にサービスを提供するべく、技術を活用した改良を継続していきます。

4.誠実な姿勢・対応
情報セキュリティに関する事故が発生した場合、早く・正確に情報を開示する事を約束いたします。また自己の原因を究明して、再発防止策を立て、同じような事故が繰り返されないよう努めます。

株式会社ユーザベースは、ISO/IEC 27001(情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS))の認証を取得しています。

2018年9月18日
株式会社ユーザベース
代表取締役社長 稲垣裕介
梅田優祐