INITIAL、「2021年度グッドデザイン賞」を受賞

2021.10.20

株式会社ユーザベースが提供するスタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」は、このたび2021年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞いたしました。スタートアップ情報を網羅的に閲覧でき、UI/UXデザインも高いレベルでまとめられていることが高く評価されました。

デザインのポイント

・誰でも簡単にスタートアップの情報を取得でき、スタートアップの成長フェーズを可視化したUIデザイン
・起業家のストーリーや上場までのファイナンスの軌跡などを伝える、独自コンテンツのインフォグラフィックス
・専任リサーチャーが定義した業種・テクノロジー分野のタグ、シリーズ情報によるスタートアップの構造化

 

グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ

URL:https://www.g-mark.org/award/describe/52879

 

株式会社ユーザベース INITIAL事業 執行役員 CEO 千葉 信明のコメント

INITIALは「スタートアップをより身近に、挑戦者であふれる世界をつくる。」をビジョンに掲げ、独自のデータ定義やコンテンツをつくり、スタートアップの世界を理解しやすくするサービスを追求しております。”わかりやすさ”はビジョン実現に向けて重要な要素であり、今後もデザインの力による価値向上を進めてまいります。

株式会社ユーザベース SaaS Design Division リードデザイナー 廣田 奈緒美のコメント

スタートアップの世界が身近になることで、新しい挑戦が生まれ、育ち、拡がり、そして次の挑戦へとつながっていく。そんな世界に少しでも近づくよう、INITIALの持つ確かなデータと想いを乗せたコンテンツを、デザインの力でさらに前進させ、社会に役立ててまいります。

グッドデザイン賞審査委員による評価コメント

スタートアップのデータベースと、それらの会社の関連情報を網羅的に見ることができるサービス。ベンチャーキャピタルなどにとっては便利なことこの上ないだろう。日本のスタートアップを盛り上げる環境の育成には、投資額の向上やインキュベーションもさることながら、こうした情報的な観点での解決が有効なのではないだろうか。固有性の高いメディアとしてのブランディングやUX/UIも高いレベルでまとめられており、過不足のないデザインで好感が持てる。

 

INITIALについて

国内外スタートアップ95万社超を収録する日本最大級のスタートアップ情報プラットフォーム。国内スタートアップ資金調達レポートの決定版『Japan Startup Finance』を提供。法人向け有料版「INITIAL Enterprise」は、事業会社や金融・行政機関など300以上の企業・団体で利用されています。
https://initial.inc/

グッドデザイン賞について

1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。
http://www.g-mark.org/

 

会社概要

社名:株式会社ユーザベース / Uzabase, Inc.
設⽴:2008年4⽉1⽇
代表者:代表取締役Co-CEO 稲垣裕介 / 佐久間衡
証券コード:3966(東証マザーズ)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
https://www.uzabase.com/

 

お問い合わせ先

株式会社ユーザベース(PR担当)
https://www.uzabase.com/contact/

  • UB Ventures、起業家のためのソーシャルクラブ「Thinka」3rd Batchを始動
  • ユーザベース、丸の内 三菱ビルへ本社移転を決定