31
31 PROMISES

Please select your language

Working at Uzabaseユーザベースの働き方

世界中の才能あるメンバーが結集すること。そしてメンバーが有する才能が最大限に発揮されること。
それが、パーパスに近づくための前提条件になると信じています。

そのためには、メンバーの一人ひとりが人間性を抑圧されることなく大いに個性や才能を発揮できるカルチャーがあり、
様々な異能が集まり助け合って一人では越えられなかった壁をみんなで乗り越えていけるチームがある、そんな会社であり続けたい。

それにより次々に革新的なプロダクトやサービスを生み出し、結果としてメンバーのご家族・パートナー・お客様・お取引先・投資していただいた方々など、
ユーザベースを取り巻くステークホルダーの皆さまが、「この会社に関わって良かった」と心から思える会社であり続けたいと考えています。

ユーザベースは、少しでも多くの新しい才能や個性に出会いたいと思っています。
ぜひ、ご応募をお待ちしております。

応募する(転職・インターン)
ユーザベースは常に新しい才能を求めています。
どんなポジションがあるか、まずは募集一覧をご覧ください。
つながる・スカウトを待つ
すぐに転職は考えていないけど複業や出向で関わりたいという方は、こちらのリンクからぜひご登録ください。事業や募集ポジション、イベントのアップデート情報などをお送りします。
(詳細な情報をご登録いただきましたら、新規ポジションができた際にリクルーターからご連絡させていただくことがあります)

Diversity
 Inclusion

&

We need what you bring異能は才能

ユーザベースは「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」ことをパーパスに掲げ、世界中のビジネスパーソンへ価値を届けるため、多様なユーザーへ必要とされるプラットフォームを目指しています。

そのためには、私たち自身が多種多様なバックグラウンドをもつメンバーが集まった組織であることが重要です。互いを尊重し、それぞれの個性=異能を発揮するーThe 7 Valuesのひとつ「異能は才能(We need what you bring)」を大切にしており、それが事業・組織の成長ドライバーになっています。

We need what you bring - 異能は才能

異能の集まりには、何が飛び出すかわからないパワーがある。私たちは価値観、人種、宗教、性別、性的指向の違いを認め合い、互いに尊重することで、未来を動かす力を生み出していく。そのために、思ったことはダイレクトに伝える。フェアでオープンなコミュニケーションを徹底する。

Where we standユーザベースにおける多様性

様々な職種・国籍・ジェンダーなどの違いを超えて、協力し合い交わることで、ひとりでは見つけることができなかった新しい挑戦、イノベーションを生み出していきます

  • Types of occupations

    41.5% Content

    22.2% Business

    20.5% Technology

    22.2% Corporate

    Content: Designers (UI/UX), analysts, editors, etc. / Business: Sales, new business development, inside sales, marketing, etc. / Technology: Engineers, programmers, etc. / Corporate: Legal, human resources, accounting, etc.

  • Gender

    全従業員

    57% Men

    43% Women

    管理職

    73% Men

    27% Women

  • Nationalities

    17 Nationalities

    日本、スリランカ、中国、韓国、アメリカ合衆国、SEA、ヨーロッパ、オーストラリア など

We make it work現在の取り組み

ユーザベースは、これまで多様性の包含・心理的安全性を担保する取り組みを行ってきました。

  • 働き方・福利厚生
    • フルフレックス制度
    • 育休制度・時短制度
    • 異文化研修の実施
    • 社員支援プログラム(Employee Assistance Program)
    • 保育料補助制度・介護補助制度
    • 同性パートナーシップ制度と同性婚・事実婚認証制度
    • Career Juggling (ワーキングペアレンツ)・Rainbow(LGBTQI+)などの社内コミュニティ活動
  • キャリア
    • メンター制度
    • リーダー研修
    • 資格取得奨励金
    • 自己啓発補助制度
    • 社内外副業制度
  • コンプライアンス
    • 内部通報制度
    • ハラスメント研修
  • 言語
    • 全社会議の同時通訳機能導入
    • IRにおけるフェアディスクロージャー(二言語開示)

Work in progress今後の課題

多種多様なメンバーがモチベーション高く才能を開花することができている部分もある一方、以下対処すべき様々な課題があります。

  • 言語による情報の偏り
  • 従業員におけるジェンダー別比率と管理職に占めるジェンダー別比率の乖離
  • 障がい害者雇用の促進

See us growコミットメント

これらの課題を解決していくため、D&Iを経営方針のひとつと位置付け、以下の取り組みにコミットしていきます。

  • 情報の透明性を担保する取り組み

    機会のフェアネス、そして社内における評価・昇進が公正に行われることを目指し、情報の透明性を担保していきます。

    私たちは「自由主義で行こう」というバリューに基づき、一人ひとりが自身のパフォーマンスに責任を持ち、自由に創造性を発揮しています。そのためには、情報の透明性が必要であり、社内ではプライバシー情報と機密情報を除き、徹底的に情報をオープンにしてきました。また、給与についてもメンバーが将来に向けて合理的な期待を描けるように、役員の報酬やメンバーの給与テーブル等の報酬給与・評価基準に関する情報は、社内に常時開示しています。

    さらに、国籍・言語の多様性が増す中で、通訳・翻訳体制強化などをはじめとした、言語による情報の偏りを解決していくための取り組みを積極的に行っていきます。

  • 社会構造上の課題から生じたハードルを乗り越えるための支援

    Equality(平等)とEquity(公正・フェアネス)の違いを常に議論しながら、多様な個性・特性を持つメンバーがEquityに働けるための支援を行っていきます。社会構造上の課題から生じたハードルが、特定のメンバーにあると考えられる場合、共にそのハードルを乗り越えることを目指します。

    具体的には、多様なメンバーが働きやすい職場環境、強みを発揮できる評価・フィードバック制度、各種補助制度など、継続的に制度のアップデートを検討していきます。すでにある保育料補助制度に加え、病児保育補助制度、介護手当制度、Paternity Leave(父親の育児休暇制度)などの導入を予定しています。

  • 従業員と管理職のジェンダー別比率の乖離を減少させる取り組み

    現時点における、従業員と管理職のジェンダー別比率の乖離を減少させていくため、以下の取り組みを行います。

    • リーダー層・プレリーダー層向けのリーダーシップ研修・個人の特性に応じたメンタリング支援
    • 産休明けオンボーディング支援
    • 社内におけるロールモデルを積極的に記事化
    • Career Juggling(ワーキングペアレンツ)、Rainbow(LGBTQI+) などの社内コミュニティへの支援
  • D&I Comitteeを立ち上げ、 D&I関連数値と施策の継続定期開示

    社外取締役も参加するD&I Comitteeを立ちあげ、社内施策実行・モニタリング・評価を行います。モニタリングプロセスにおいては、必要に応じて外部アドバイザーからの視点を取り入れます。また、今後はダイバーシティに関するジェンダー、国籍、職種等の比率、取り組み内容などの基本情報を定期開示していきます。

Our officeオフィスについて

UB Care福利厚生

ユーザベースは、各メンバーのハピネスを実現できる会社を作ることを目指しています。自由に働ける環境で、最大のパフォーマンスを。
あなたが必要だと思う制度を提案していってください。

自由に働くために、働き方は自分で決める。
ユーザベースはそれぞれの自主性を大切にしています。
スーパーフレックス
出社義務もなければ、コアタイムもなし。集中できる場所や時間は人それぞれ。
生産性を高め最大限のアウトプットを出すために、自分にとってベストな働き方がデザインできます。
リモートワーク
しっかりと職責を果たすことを前提として、どこでどのように働くかは自由です。
時間や場所に縛られず、働き方を解放することで、より創造性が発揮できると考えています。
ロングバケーション
有給休暇とは別に、7日間連続した休暇を年2回取得可能です。全力で働き、しっかりと休む。
リフレッシュすることで、新たな気付きを得ることもでき、仕事との相乗効果も生まれやすくなります。

Other benefitsその他の制度

複業OK
チームでコミュニケーションが取れていれば、申請は必要ありません。
結婚休暇&お祝い金
社員が結婚(同性パートナーシップに証明等により証明される同性婚も含む)した場合は特別休暇(5日間以内)とお祝金を支給します。
資格取得奨励金
業務に関連のある資格を取得する際に、補助金を支給します。
自転車通勤補助
自宅からオフィスまで自転車を使用している方を対象に駐輪場代を補助します。
カフェ代補助
往訪の合間にオフィスに戻れず、カフェ等で仕事をした場合、カフェ代として上限400円が補助されます。
MBA奨学金補助
ユーザベースの長期的な成長を担うリーダーとなりうる人材に対し、そのための必要な技能が海外大学院への留学によって習得される場合に奨学金を支給します。
子連れ出社OK
急な予定変更でベビーシッターを見つけられなくても大丈夫。子供と一緒に出社できます。
産休・育休
産前8週間の産休に加え、産後は最長で子供が2歳になるまで育休を取得できます。
病児保育・介護支援
育児と介護に関わっているメンバーが、より安心して仕事に集中できる環境づくりのために作られた制度です。病児保育料の発生金額の半額を補助、月額上限15,000円の介護支援金を支給します。

Engineering Support Programエンジニアリング支援制度

制度を通じ、3つの施策を実施いたします。

プラスエンジニアリング手当
保有するエンジニアリングスキルによって給料にプラスし手当が支給されます(2022年7月適用予定)
エンジニアリング研修
エンジニアではないメンバーが楽しくエンジニアリングを学べる研修を実施します
ノーコード&RPAの生産性向上大会
業務改善ツールを活用し、よりクリエイティブな仕事に集中できる知見を共有・議論する大会を開催予定です