Message

世界中の最高のメンバーが結集すること。そしてメンバーが有する才能が最大限に発揮されること。

それが、「経済情報の力で、誰もがビジネスを楽しめる世界をつくる」というパーパスを実現する前提条件になると信じています。

そのためには、メンバーの一人ひとりが人間性を抑圧されることなく大いに個性や才能を発揮できるカルチャーがあり、さまざまな異能が集まり助け合って一人では越えられなかった壁をみんなで乗り越えていけるチームがある、そんな会社であり続けたい。

それにより次々に革新的なプロダクトやサービスを生み出し、結果としてメンバーのご家族・パートナー・お客様・お取引先・投資していただいた方々など、ユーザベースを取り巻くステークホルダーの皆さまが、「この会社に関わって良かった」と心から思える会社であり続けたいと考えています。

ユーザベースは、少しでも多くの新しい才能や個性に出会いたいと思っています。
ぜひ、ご応募をお待ちしております。

Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment
Uzabase recruitment

ユーザベースグループは、エンジニア職・ビジネス職・デザイナー職の選考を開始しています。
何が起こるかわからない時代でも、変化、学び、新しい挑戦を楽しめる。そのような学生の方は、ぜひ下記ページよりご応募ください。

MoreMore

ユーザベースは、各メンバーのハピネスを実現できる会社を作ることを目指しています。自由に働ける環境で、しっかり責任を果たし、最大のパフォーマンスを。
そして、制度はみんなで作っていくもの。ぜひあなたが会社の成長のために必要だと思う制度を提案していってください。

スーパーフレックス制度

ユーザベースでは、コアタイムなしのスーパーフレックス制度を導入しています。
この制度は、メンバーと所属するチームが、職責を十分に果たすことを前提としており、メンバーに無条件に与えられた権利ではありません。
個人の生産性を高め最大限のアウトプットを出す、チームのパフォーマンスを最大化するため、働く時間や環境を自律的に決める。「自由と責任」のベースとなる制度です。

45時間のみなし残業制度

みなし残業時間を使うかどうかは、メンバーそれぞれ自由に決めることができます。使える時間をどう使うのか自分で考えることは、私たちの成長の選択肢を広げることにつながると考えています。

ロングバケーション制度

有給休暇とは別に、7日間連続した休暇を年2回取得可能です。全力で働き、しっかり休む。
長期間のお休みは、心身をリフレッシュさせ、仕事の能率やモチベーション、パフォーマンスの向上にもつながります。

時短制度

育児や介護をしている人以外でも、約束したコミットメントと職責をしっかり果たせることを前提として、短時間勤務など多様な働き方を選択することができます。

産休・育休明けオンボーディング

産前8週間の産休に加え、産後は最長で子どもが2歳になるまで育休を取得できます。また、産休・育休明けの復帰を上長や人事チームがサポートします。

子連れ出社歓迎

急な予定変更でベビーシッターを見つけられなくても大丈夫。子どもと一緒に出社できます。

結婚出産休暇&お祝い金

社員が結婚(同性パートナーシップに証明等により証明される同性婚も含む)した場合は特別休暇(5日間以内)とお祝金を支給します。

不妊治療相談窓口

妊活・不妊治療の進め方や、キャリアとの両立、不妊治療クリニックの選び方についてなど、LINEとZoomで相談ができます。

病児保育補助

会社として子育て世代の社員が仕事に集中して働ける環境をつくりたいと考え、病児保育料の発生金額の半額を補助します。

介護支援補助

会社として介護世帯の社員が安心して仕事に集中できる環境をつくりたいと考え、月額上限15,000円の介護支援金を支給します。

シッター代補助

対象児童×2枚(最大4,400円)/1回あたり、1カ月に1家庭24枚まで、1年間に280枚までベビーシッター割引券を使用できます。

健康に関する相談窓口

生活習慣やプライベートと仕事のバランスについて整理したいとき、心身に不調を感じたときに、社外カウンセリングや産業医面談を利用することができます。

新人リーダーガイダンス

新しくリーダーになる方向けに、ユーザベースでのリーダーとしてやるべきことや、意識すべきことなどのノウハウをインプットしたり、他のリーダーと共有する場を設計しています。

リーダーシップ成長ガイド

ユーザベース取締役3人(稲垣、佐久間、松井)が The 7 Values の共通的な解釈を通じて
定義したリーダーシップの成長ガイドやケーススタディを共有しています。

斜め上メンター制度

リーダー・プレリーダー層をはじめとした、ちょっと背中を押してもらいたい方向けのメンタリングの仕組みです。斜め上のメンターとカジュアルに1on1することができます。

Career Challenge 制度

次の挑戦を考えるタイミングにおいて、転職や起業する選択肢のほかに「社内異動」という選択肢があることを明文化し、「自分の意志で、働きたい領域・職種に挑戦できる」ようにと作られました。

グループ内副業制度

ユーザベースグループ間で個人と会社が業務委託契約をし、個人が報酬を得ることのできる制度です。多様なタレントがグループ内に循環し、才能のリレーションとコラボレーションを生んでいくことを目指しています。

think beyond 制度

ユーザベース内で、新規事業を作り出すための制度です。2020年のプログラムでは2事業を、2022年のプログラムでは1事業を創出することができました。

プラスエンジニアリング手当

保有するエンジニアリングスキルによって給料にプラスし手当が支給されます(2022年7月適用予定)。

エンジニアリング研修

エンジニアではないメンバーが楽しくエンジニアリングを学べる研修を実施します。

ノーコード&RPA生産性向上大会

業務改善ツールを活用し、よりクリエイティブな仕事に集中できる知見を共有・議論する大会を開催予定です。

ユーザベースのパーパスとバリュー、組織づくりや採用について大切にしていることをまとめています。

Uzabase Journalでは、さまざまな事業部や職種のメンバーを紹介しています。

Uzabase JournalUzabase Journal

2022年7月、丸の内に本社オフィスを移転しました。
フォトギャラリーやコンセプトムービーをご覧ください。

MoreMore
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office
Uzabase office

選考について

q
選考プロセスについて教えてください。
a
基本的に、書類選考→1次面接→2次面接→最終面接→内定というプロセスですが、選考回数はエントリーくださった事業や状況によって変動する可能性があります。また、ポジションによって課題提出をお願いする場合がございます。
q
対面での面接もありますか?
a
基本的に全てオンラインにて対応可能ですが、場合によっては対面でお会いすることも相談させていただきます。
q
面接の所要時間を教えてください。
a
30分〜1時間程度です(状況により変動する可能性があります)。
q
新卒採用はしていますか?
a
はい。以下ポジションからエントリーいただけます。
https://www.uzabase.com/jp/careers/?section=new-graduates
q
過去にユーザベースグループの選考を受けたことがあるのですが、再エントリーは可能ですか?
a
可能です。再度書類選考からとなります。
q
どの事業・職種に応募するか迷っています。複数ポジションへのエントリーは可能ですか?
a
複数ポジションへのエントリーは可能です。なお、複数ポジションで選考にお進みいただく場合であっても、オファーは1つのポジションに対してのみとなりますので、どのポジションを優先されたいかについて、人事より確認させていただきます。

働き方・事業について

q
国内外でのフルリモート勤務は可能ですか
a
可能です。しっかりと職責を果たすことを前提として、どこでどのように働くかは自由です。ただし、職種やポジション、受入れ部門の状況によってはフルリモートは難しい(出社が必要となる)可能性もございます。その場合、選考の中でご相談させていただく可能性もございますので、あらかじめご了承ください。また、海外では就労ビザや法律等の規制があるため、海外でのリモートワークを必ず実現できるわけではありません。
q
複業は可能ですか?
a
可能です(事前申請が必要。競合先NGなど一定のルールがあります)。
q
勤務場所・勤務時間について教えてください。
a
フルリモート・フルフレックス制のため、原則自由です(ポジションによって出社が必要となる場合があります)。
q
DEIBへの取り組みについて知りたいです。
a
DEIBページをご覧ください。
q
事業状況を教えてください。
a
IRページをご覧ください。
q
社内でのコミュニケーションはどのように取られていますか?
a
ユーザベースグループの全事業メンバーが同じSlackを使用しており、ほぼ全てのチャンネルがオープンです。その他、共有ツールとしてGoogle workplaceを利用しており、Google MeetやzoomなどのオンラインMTGツール、Gather・Discordなどの音声共有ツールを使っているチームもあります。
q
グローバル拠点がありますが、グローバルメンバーとのコミュニケーションはどのくらいありますか?
a
SPEEDA事業およびNewsPicks事業を中心に、業務で関わるメンバーは日常的にコミュニケーションが発生します。英語スピーカーが出席している会議は、同時通訳が付くこともあります。
q
従業員の平均年齢、男女比について教えてください。
a
平均年齢は33歳。男女比はグループ全体で、男性56.6%、女性43.4%です。