ユーザベース、FORCAS、INITIAL事業をユーザベースに統合し、新執行役員・事業CEOが就任。

2021.04.01

株式会社ユーザベースは、4月1日からこれまで別会社として運営していたFORCASとINITIALの両事業をユーザベースに統合いたします。あわせて、コーポレート、FORCAS事業及びINITIAL事業において役員人事が変更したことをお知らせいたします。

2021年4月1日付けで、株式会社FORCASと株式会社INITIALを株式会社ユーザベースに吸収合併いたしました。今後、より事業をまたいだ共通の強みの構築を加速させていきます。

また、コーポレート、FORCAS事業及びINITIAL事業において、下記の通り新たに執行役員・事業CEOが就任いたします。

 

以下、今回の変更において新たに就任した4名のコメントになります。

張替 誠司 ユーザベース 経営基盤担当執行役員
この度、ユーザベース全体の経営基盤の創出に挑戦できることを嬉しく思います。
顧客起点の意思決定を実現する経営システムと従業員がそれぞれの異能を存分に発揮することに集中できる業務プロセスの構築の両立を目指します。
これまでのクオンツ、M&A、およびコーポレート業務の経験を活かし、企業やビジネスパーソンであるお客様の意思決定を支える我々だからこそ、経営のベストプラクティスを模索し、体現することで、自社だけでなくお客様をはじめとする全てのステークホルダーの皆様の成長に向け、邁進してまいります。

田口 槙吾 FORCAS事業 執行役員 CEO
4年前に新規事業として立ち上がったFORCASは新しいフェーズを迎え、更なるビジネス展開や規模の拡大を見込まれる中、これまで以上に顧客本位でスピーディーな意思決定が必要不可欠です。これまでFORCAS CCOとしてカスタマーサクセスに全責任を持つ役割の中で得られた顧客の声があるからこそ、スピーディーにカスタマードリブンな意思決定に貢献できると考えております。今後もFORCASは、「ユーザーやパートナーとの共創」というカルチャーを大切にしながら、「経済情報で、世界を変える」ことをリードしていきます。

千葉 信明 INITIAL事業 執行役員 CEO
INITIALは新たなサービス、テクノロジーが生まれる経済情報の最先端である、スタートアップ領域に特化したサービスです。スタートアップのファイナンスデータの集約からはじまり、独自の定義やコンテンツによってトレンドや実務に活用できる事例の可視化を行ってきました。私自身、一貫してINITIALユーザーの皆様に向き合う立場として、挑戦者の熱量を常に感じてきました。この熱量をINITIALを通して更に加速すべく、今後もより一層、新たな産業創出に携わる挑戦者にとって、なくてはならない価値を追求していきます。

河野 文弥 INITIAL事業 執行役員 CPO
ニューノーマルな世界において、非連続な成長により課題を解決していくスタートアップの重要性はさらに増しています。そんなスタートアップのエコシステムを支え、発展させていくために、より他事業との連携を強めINITIALというプロダクト自身の進化を加速させていきます。

 

【プロフィール】

 

ユーザベース 経営基盤担当執行役員 
張替 誠司

東京大学大学院理学系研究科卒業。在学中は宇宙物理学を研究。卒業後、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に入社。クオンツ業務に従事し、主にデリバティブ時価評価モデル開発を行う。その後、テキサス大学で経営学修士号(MBA)を取得。帰任後、経営企画部にて全社内部統制の構築・管理を経て、投資銀行本部にてM&Aアドバイザリー業務に従事。2019年3月、株式会社FORCASに入社。財務管理、営業管理、人事等のコーポレート業務に従事。2020年1月より株式会社ユーザベースに転籍し、B2B SaaS事業のコーポレート担当執行役員に就任。2020年10月より執行役員COOに就任。

 

FORCAS事業 執行役員 CEO(Chief Executive Officer)
田口槙吾

2016年にユーザベースへ参画し、SPEEDAセールスチームを経て、FORCASの営業責任者として着任し、クライアントのABM(アカウントベースドマーケティング)の実践支援に従事。2018年にFORCAS 執行役員 COO(Chief Operating Officer)、2019年よりFORCAS 執行役員 CRO(Chief Revenue Officer)を経て、2020年よりCCO(Chief Customer Officer)に就任。

 

INITIAL事業 執行役員 CEO(Chief Executive Officer)
千葉 信明

2018年からユーザベースに参画し、国内最大級のスタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」のマーケティングおよびセールスチームのマネジメントを担当。
2020年1月からユーザベースグループのB2B SaaS事業統合にともない、SPEEDA、INITIAL両方のカスタマーサクセスチームのリーダーを担当。2020年よりCCO(Chief Customer Officer)に就任。

 

INITIAL事業 執行役員 CPO(Chief Product Officer)
河野 文弥

フォルシア株式会社に新卒入社、検索エンジン「Spook」の開発及び全社の技術戦略推進に従事。2018 年に株式会社ユーザベースに参画し、スタートアップ情報プラットフォーム「INITIAL」の開発及びプロダクトマネジメントを担当。2020年から新たな挑戦として、株式会社Boulder 執行役員 CPO(Chief Product Officer)を兼務し、INITIAL事業 執行役員との両立を図る新しい働き方を実現中。

 

SPEEDAについて

SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。現在、事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど1,500社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定、営業企画策定、マーケティングなど様々なビジネスシーンで活用されています。
URL: https://jp.ub-speeda.com/


INITIALについて

日本最大級のスタートアップ情報プラットフォームとして、データとストーリーからスタートアップの現在と未来を紐解く独自のコンテンツを作成。多数のメディアで引用される資金調達レポートやスタートアップ成長モデルなどを公表しています。法人版「INITIAL Enterprise」は、収録数16,100社超のスタートアップデータベースとして、事業会社、VC、CVC、金融機関、行政機関など300以上の企業・団体で導入。国内スタートアップに対する投資、M&A、事業提携、各種調査業務など様々な目的で活用されています。
URL:https://initial.inc/


FORCASについて

FORCAS(フォーカス)は、データ分析に基づいて成約確度の高いアカウントを予測し、マーケティングと営業のリソースをそのターゲットアカウントに集中する最新マーケティング手法「ABM(アカウント・ベースド・マーケティング)」の実践を強力にサポートするマーケティングプラットフォームです。
URL:http://www.forcas.com/


会社概要

社名:株式会社ユーザベース / Uzabase,Inc.
設⽴:2008年4⽉1⽇
代表者:代表取締役Co-CEO 稲垣裕介 / 代表取締役Co-CEO 佐久間衡
証券コード:3966(東証マザーズ)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
コーポレートサイト:https://www.uzabase.com/

お問い合わせ

株式会社ユーザベース(担当:PR)
https://www.uzabase.com/contact/

  • FORCAS、経営者マッチングサービス「チラCEO」連携によるキーパーソンアプローチプランを5月下旬から提供開始
  • NewsPicks for Education、隠岐島前教育魅力化プロジェクトと協働で「越境ラボ」を始動