SPEEDA、未来の事業環境における機会と脅威を捉える「特許動向検索」機能に、米中欧のグローバルデータを実装

2021.01.07

株式会社ユーザベースは、経済情報プラットフォーム「SPEEDA」が提供する「特許動向検索」機能に、米中欧のグローバルデータを追加実装いたしましたのでお知らせいたします。

SPEEDAの強みは、日本国内だけでなく、グローバルに企業・業界の情報を分析できることにあります。今回、特許動向情報のグローバルデータ化により、自社・競合の技術優位性も捉えたグローバルレベルでの戦略立案や新規事業開発、アライアンス等の意思決定をサポートいたします。

本機能は2019年11月に日本データのみで初期リリースし、既に300社(400部署)以上のお客様にご利用いただいております。2020年8月には『財務指標・業界動向 × 特許動向』のデータ簡易分析/グラフ描画機能において、当社初の特許も取得いたしました。

SPEEDAは引き続き、「技術・研究・知財」部門と「 経営・事業」部門の共通言語として、組織間連携により生み出される企業の進化に貢献していきます。

※本サービスはオプションサービスとなっており、ご利用時には別途手続きが必要となります。

 

<画面イメージ>

 

<SPEEDA 執行役員 技術領域事業担当 伊藤竜一からのコメント>

長年、経済情報プラットフォームとして、企業・業界・トレンド・ニュース・M&A・統計等の情報・データをグローバルにワンストップで構造化・提供してきたSPEEDAが、ついに、特許動向情報でもグローバル対応を開始しました。

米中貿易摩擦等でも、特許が論点の中核になる中、SPEEDAにおける特許動向情報のグローバル化は重要なテーマの一つであり、これにより、経営企画・事業部門のお客様には特許をグローバル戦略においても身近に捉えやすくなり、また、技術・研究・知財部門のお客様にも、特許動向情報をハブに、グローバルな企業・業界・ニュース・M&A等にリサーチ・分析の視点を広げやすくなります。

これは、SPEEDAのミッションである「企業の進化に、スピードを」を、力強く加速することにつながると確信しており、技術・知財戦略における具体的なユースケースや活用術の伝播・浸透も強化してまいります。

 

SPEEDAについて

SPEEDAは、ビジネスにおける情報収集・分析・意思決定を支える経済情報プラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&A、トレンド、特許動向などあらゆるビジネス情報の提供に加え、多様な業界・分野の第一線で活躍する専門家の知見に直接アクセスすることも可能です。
事業会社・金融機関・コンサルティングファームなど1,400社を超える導入実績があり、戦略策定・市場分析・競合調査など、経営戦略における様々なビジネスシーンで活用されています。
https://jp.ub-speeda.com/

 

会社概要

社名:株式会社ユーザベース / Uzabase, Inc.
設立:2008年4月1日
代表者:代表取締役Co-CEO 稲垣裕介 / 佐久間衡
証券コード:3966(東証マザーズ)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
https://www.uzabase.com/

 

お問い合わせ

株式会社ユーザベース(担当:PR)
https://www.uzabase.com/contact/

  • FORCAS、ITreview Grid Award 2021 WinterでABM部門「Leader」を受賞
  • AlphaDrive、法人向けSaaSの開発体制を強化。執行役員CTOに赤澤剛が就任