AlphaDrive、新規事業開発を推進するSaaS『Incubation Suite』をリリース

2020.05.10

ユーザベースグループの株式会社アルファドライブは、新規事業開発を推進する新サービス「Incubation Suite(インキュベーション・スイート)」をBeta版リリースいたします。

Incubation Suiteは、新規事業開発に取り組む企業様の様々な業務課題の解決と、導入企業様における新事業の創出に繋がる各種機能を搭載した、新規事業開発特化型の総合支援ツールです。AlphaDriveの新規事業開発におけるコンサルティングノウハウを注ぎ込んだサービスです。

<Incubation Suiteの特徴>

①新規事業創出を担当する事務局の業務効率化を実現

主に、企業内新規事業の創出制度等を運営する事務局向けに、母集団となる従業員を登録し、制度の告知や研修/イベントなどの案内、登録された事業案(チーム・プロジェクト)の進捗状況の確認等ができます。

②新規事業推進/検討に専念できるフレーム/機能の提供

新規事業を検討、推進しようとする主体者・担当者の方が、チームのメンバーを募って新たな事業案(プロジェクト)を作成したり、事業の進捗に応じて仮説を修正したり、事業計画資料を共有したりと、事業推進に専念できる各種サポート機能を活用することができます。

③事業創出を確かなものにするための支援オプション

ツールやフレームがあれば新規事業を生み出せるというわけではありません。各推進担当やチームが適切に事業を進捗させられるような専門家によるメンタリングサポートや、特に重要となる顧客ヒアリングの活動を支援するオプションを提供します。

<初期導入企業様向けトライアル特典>

Incubation Suiteを初期トライアルとして導入頂ける企業様15社限定で、割引を含む以下のサービスを提供いたします。

▼トライアル特典

・導入初期費用無料+月額費用割引
・開発中の様々な機能が順次提供されます
・機能追加要望を優先受け付け致します(※開発をお約束するものではございません)
・本リリース版契約時にトライアル期間中の蓄積データを引き継げます
・書籍「新規事業の実践論」をご契約ID分プレゼント

<AlphaDrive インキュベーション管轄執行役員 古川央士のコメント>

これまで、新規事業創出に取り組む企業様の活動をご支援させていただく中で、数多くの悩みを耳にしてきました。

例えば、社内のイントラネットに新規事業制度の案内をしてもなかなか認知されない、研修やセミナーの案内や参加管理が煩雑であるといった運営上の悩み。あるいは、幾度も新規事業に取り組んできたが、なかなかその活動の記録が形式知化されずに、活動終了ともに流出してしまうといったナレッジ管理の悩み。新規事業を検討する主体者・推進者にとっても、同じような課題感をもった社内の仲間と出会いにくい、チームの事業が正しく進捗しているか不安になる、といった当事者の悩みがありました。

Incubation Suiteはそんな企業内新規事業に関わる様々な人にとって、手間の削減や思考の整理をお手伝いし、本来の事業開発活動に専念できるようにという想いで開発させて頂きました。

ひとりでも多くの悩みを抱えた新規事業担当の方に届くことを願っています。

<サービス利用に関するご案内・問い合わせ先>

http://www.incubation-suite.com/

<会社概要>

社名:株式会社アルファドライブ / Alphadrive Co.,Ltd.
設立:2018年2月23日
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 麻生要一
所在地:本社 100-0014 東京都千代田区永田町2-17-3来栖ビル1F
六本木オフィス 106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
会社HP:https://alphadrive.co.jp/

株式会社ユーザベース/Uzabase, Inc.
設立:2008年4月1日
代表者:代表取締役CEO 梅田優祐/代表取締役COO 稲垣裕介
証券コード:3966(東証マザーズ)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
会社 HP:http://www.uzabase.com/

<プレスリリースに関する問い合わせ先>

株式会社アルファドライブ
担当:インキュベーション 古川 hisashi.furukawa@uzabase.com
*本ニュースリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。

 

 

  • NewsPicks、プロジェクト型スクール「NewSchool」を開校
  • ユーザベース、ミーミルを完全子会社化。専門家の知見をSPEEDAの新たな価値に