SPEEDA

SPEEDA、国内未上場企業9万社のデータを拡充(提供:Baseconnect社)

2019/03/22

SPEEDA、国内未上場企業9万社のデータを拡充(提供:Baseconnect社)

株式会社ユーザベースは、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」において、Baseconnect株式会社が保有する、国内未上場企業約9万社の企業情報データを拡充いたしましたのでお知らせいたします。

今回の取り組みにより、SPEEDAが強みとする企業・業界情報などのストック情報がさらに拡充。SPEEDAをご利用のお客様は、情報取得が難しかった未上場企業情報を用いて、より豊富な企業情報を使った販売戦略立案、事業提携先のリストアップなどが可能になります。
今後、Baseconnectが取得する企業情報の拡大・成長に伴い、SPEEDAの格納企業数も合わせて増加する予定です。
 

各社代表からのコメント

SPEEDAへのデータ提供が実現し、大変嬉しく思っています。SPEEDAは国内における時価総額トップ100社の60%以上の企業が利用するプラットフォームであり、弊社としてもSPEEDAの利用者様に対してより大きな価値提供ができるよう、質の高いデータを量多く提供できるよう努めて参ります。
Baseconnectの「世の中のあらゆるモノやサービスに繋がる、世界の基礎となるデータベース『Knowledge Base』を作る」というミッション達成に向けて、また1つ前に進められたことを嬉しく思います。
(Baseconnect株式会社 代表取締役社⻑ 國重侑輝)
 
昨年、Baseconnect と ユーザベースで資本業務提携を行い、連携の道を探って参りました。この度、SPEEDAにBaseconnectが開発・研究したデータを格納し、未上場企業データを大幅に拡充することができました。SPEEDAが得意としてきた、構造化された企業情報をSPEEDAのお客様にさらにご提供できることとなります。
SPEEDAでは今後も、「経済情報で、世界中の意思決定を支える」というサービスミッションの達成に向けて、より付加価値の高い意思決定プラットフォームをご提供できるよう尽力して参ります。
(株式会社ユーザベース 代表取締役社長(共同経営者 ) 稲垣裕介)

お問い合わせ先
株式会社ユーザベース(担当:PR)
https://www.uzabase.com/contact/


SPEEDAについて
SPEEDAは、ビジネスにおける情報収集・分析・意思決定を支える経済情報プラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&A、トレンド、特許動向などあらゆるビジネス情報の提供に加え、多様な業界・分野の第一線で活躍する専門家の知見に直接アクセスすることも可能です。 事業会社・金融機関・コンサルティングファームなど1,800社を超える導入実績があり、戦略策定・市場分析・競合調査など、経営戦略における様々なビジネスシーンで活用されています。
会社概要
社名:株式会社ユーザベース / Uzabase,Inc. 設⽴:2008年4⽉1⽇ 代表者:稲垣裕介 / 佐久間衡 証券コード:3966(東証グロース) 所在地:〒100-0005 東京都 千代田区 丸の内2-5-2 三菱ビル