ユーザーの課題を解決するために、「エンジニアドリブンな開発チーム」をつくる