社員インタビュー

NewsPicks USA COO

2014年入社

大山 晋輔

コーポレイトディレクション(CDI)にて全社成長戦略、新規事業戦略の立案・実行支援を中心に従事、2011年よりCDI-Chinaにて日系企業の中国市場進出、中国事業戦略の立案・実行支援に従事。その後、フリーランスコンサルタントを経て、2014年、ユーザベースに参画。2017年、NewsPicks USAのCOO(チーフ・オペレーティング・オフィサー)に就任。趣味はキャンプ。

私には夢がある

アメリカを舞台に、世界中にNewsPicksをひろげたい

2017.07.06

私には夢がある

アメリカを舞台に、世界中にNewsPicksをひろげたい

2017.07.06
前職のコンサルティングファームを退職後、以前から創業メンバーとも交流があったユーザベースに合流。SPEEDAのビジネス開発や法人営業を経て、2017年にNewsPicks USAのCOOに就任し、NewsPicksのアメリカ進出をリードする。
前職で梅田(現・取締役COO)と同僚だったこともあって、創業当初からユーザベースのことは知っていました。SPEEDAも初期ユーザーとして使っていましたし、NewsPicksもサービスリリース当初から利用していました。

そういった距離感もあって、外部の人間ですが社員の方々と交流もあり、イベントなどに呼んでもらえるという「不思議な関係」が続いていました。

実は前職を退職して1年間世界を放浪している中で、あるサービスの構想があり、起業の準備を進めていました。しかし当時のアイデアでは成長し続けるビジネスモデルが描ききれなかったこともあり、起業ではなくプライベートワークとして続けることにしました。

あらためて就職するということで進路をどうするか悩みましたが、その際に就職先として頭に浮かんだのが、以前から交流があったユーザベースでした。

ユーザベースについては、掲げているビジョンやサービスの内容はもちろん、経営陣やメンバーと交流しているなかで、チーム一丸となってビジョンを実現しようとする姿や、仕事もプライベートも共にハッピーにすることを真剣に考えるカルチャーを、とても心地よく感じていました。

また会社も成長して従業員が100名ぐらいになっていて、チームマネジメントなどで自分が貢献できる規模感だったのも、入社を決めた理由のひとつです。

入社後はSPEEDAの海外展開も含めたビジネス開発、国内法人営業チームのマネージャーなどを担当してきました。2017年にはDow Jones社との合弁会社 NewsPicks USA, LLC のCOOに就任し、NewsPicksを世界中のビジネスパーソンに利用していただくために邁進しています。

アメリカのビジネスパーソンは、ビジネススタイルが日本とは全く異なるため、サービス展開のアプローチも全く異なります。またメンバーをまとめる責任者でもあるため、言語や文化も違います。

多様なメンバーと新しいことにチャレンジできるのは、グローバルに展開するサービスの醍醐味。メンバーのポテンシャルが発揮できるようなチームをつくりあげ、みんなで大きな夢を達成したいですね。
※この記事の内容は、インタビュー当時の所属チームのものです。現在の所属チームや業務内容は異なる可能性があります。
※そのほか、ユーザベースのカルチャーや働き方についてはWantedly Blogでもお伝えしています。

大山 晋輔からのコメント

自由な視点や発想で、責任を持ってチャレンジできる環境は自分を成長させます。アメリカで一緒に挑戦したい人のご応募お待ちしています!

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

募集職種を見る

他メンバーのインタビューもどうぞ

インタビュー 一覧

シリーズから選ぶ

  • シリーズ

    私の挑戦

    10 interviews

  • シリーズ

    私の1日

    5 interviews

  • シリーズ

    私には夢がある

    17 interviews

キーワードから選ぶ

ユーザベースをもっと知るには

私たちが大切にしている
7つのこと

社名「ユーザベース」に
込めた想いとは