「ビジネスを動かしている手応えがほしかった」 僕が商社からベンチャーに飛び込んだ理由