社員インタビュー

SPEEDA アナリスト

2010年入社

中川 希望

愛媛県出身。2010年11月、大学4年生の時に統計データ担当のアルバイトとして入社。その後社員となり、2014年下期からアナリストチームに異動。SPEEDAに格納される業界レポートや、NewsPicks向けコンテンツ「SPEEDA総研」などの執筆を中心としている。
水泳を10年間習うなど、子どもの頃は体育会系だった。1番打ち込んだのは中学時代のソフトテニス。その時期にとあるテニスプレイヤーに憧れ、東京外国語大学でスペイン語を学ぶきっかけに。趣味は音楽を聴くこととゲーム。

私の1日

経済レポートからコンビニまですべてが「情報収集」:元・未経験アナリストのある1日

2017.07.06

私の1日

経済レポートからコンビニまですべてが「情報収集」:元・未経験アナリストのある1日

2017.07.06
未経験で入社した当初は、決められた作業を時間通りにこなすことが仕事だと思っていた。しかし入社後にアナリストとして経験を積むことで、「仕事を通じて興味の幅を広げることが、人生をもっと楽しくする」ということに気付く。今は経済レポートからゲームセンター、今晩のおかずまで、オンオフ関係なく情報収集を楽しむ毎日。

  • AM5:50

  • 毎日同じ時間に起きることを心がけている。

  • AM6:00

  • PCとTVをつけ、NHKニュースを流しながら朝の情報収集タイム。
    NewsPicksと日経電子版をチェックしつつ、耳にとまったニュースがあれば詳しく調べる。
    NewsPicksで気になった記事があったら、ファクトを調べつつコメントする。
    自分で原本を調べ、理解することは基本。

  • AM9:00

  • 出社時間は特に決められていないが、9時前後にはオフィスに到着するようにしている。
    午前中は、専門知識をアップデートする大切な時間にしている。
    最近は自動車業界を担当することが多く、カー雑誌も含めて幅広くチェック。
    AIや半導体など、従来よりも関連業界が拡大し、複雑になってきていると感じる。

  • PM0:00

  • ランチはチーム関係なく、時間が合う人を見つけて誘うようにしている。
    ランチのときは仕事の話もするが、大好きな音楽やゲームについて語ることも。
    この日は広島の新聞社で勤務経験があるNewsPicksメンバーと、マツダと原発について盛り上がる。

  • PM1:00

  • 午後はSPEEDA業界レポートやSPEEDA総研の記事執筆が中心。
    企画には、普段チェックしているニュースが役に立つことが多い。
    執筆した記事が世に出るのは嬉しい。
    コメントを通じた学びも多く、自分の成長の糧となっている。

  • 中川が執筆した記事:【SPEEDA総研】つながる車がもたらす自動車産業の変化
    https://newspicks.com/news/2000744/

  • PM3:00

  • 決算時期は特に、市場が閉まった時間に発表資料をチェックすることが多い。
    このタイミングでNewsPicksにもコメントを入れる。

  • PM7:00

  • 家族と夕飯を食べるため、帰宅。
    今日は街のフィールドワークも兼ねて、恵比寿から渋谷まで歩いてみる。

  • PM9:00

  • 帰宅後は大事な趣味のためのインプットの時間。
    音楽のプレイリストを編集したり、音ゲーの譜面を研究したり。
    ゲームやアニメ業界の分析記事はまだ少ないため、いつか手掛けてみたいと考えている。

  • PM12:00

  • このあたりで切り上げて就寝。刺激的な一日を終え、頭と体を休める。

※この記事の内容は、インタビュー当時の所属チームのものです。現在の所属チームや業務内容は異なる可能性があります。

中川 希望からのコメント

ユーザーベースが大切にしている、「迷ったら挑戦する道を選ぶ」というルールが好きです!このマインドが浸透している組織だからこそ、知識ゼロだった私でも様々なことに挑戦し、成長することができました。

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

募集職種を見る

他メンバーのインタビューもどうぞ

インタビュー 一覧

シリーズから選ぶ

  • シリーズ

    私の挑戦

    10 interviews

  • シリーズ

    私の1日

    5 interviews

  • シリーズ

    私には夢がある

    17 interviews

キーワードから選ぶ

ユーザベースをもっと知るには

私たちが大切にしている
7つのこと

社名「ユーザベース」に
込めた想いとは