社員インタビュー

entrepedia 執行役員 シニアアナリスト

2016年入社

森 敦子

青山学院大学出身。国内金融機関で法人融資担当を経験後、国内の大学院に進学してMBAを取得。ユーザベース入社後は、SPEEDAでお客さまの課題を解決するコンサルティングサービス、アナリストチームを経て、entrepediaに異動しシニアアナリストに。現在は業務のかたわら、プライベートではPh.D取得に向け研究活動にも取り組んでいる。趣味はゲーム。

私の挑戦

持ち前の笑顔とMBAを強みに、身近な人を支えていきたい

2018.05.11

私の挑戦

持ち前の笑顔とMBAを強みに、身近な人を支えていきたい

2018.05.11
国内金融機関の法人融資を退職後、国内の大学院へ進学し、自分としては初めてと言って良いほど猛勉強の末、MBAを取得。ユーザベースに入社後は、SPEEDAのコンサルティングサービス(CS)チームで、お客さまへのコンサルティング業務を担当。またSPEEDA JAPANの全体ミーティングの立ち上げも行う。プライベートでは大学院でPh.D.の取得にも挑戦中。
ユーザベースに入社する前は、国内の金融機関で法人融資担当をしていました。

持ち前のコミュニケーション力でそれなりに仕事はこなせるものの、このままのスタイルでは、キャリアを重ねていったときに自分が辛くなるだろうという不安を感じていました。

そこで、思い切って退職を決意。もっと知識や考える力を身につけようと、大学院へ進学しました。

大学院では考える楽しさを知り、初めてといっていいくらい勉強にも打ち込み、そのかいあって、「考えることが武器になる」という実感も得られ、MBAも取得しました。

同じタイミングで、転職活動もスタート。前職での金融のバックグラウンドを活かしつつ、分析ができる仕事をいろいろ探していたところ、候補としてエージェントから紹介されたのがユーザベースでした。

一番惹かれたのは、社風ですね。採用過程で感じられた、個人を大切にしてくれるカルチャーが魅力的でした。

 

実はMBAを取得後、もう少し研究に取り組んでみたいと思い、現在Ph.Dにも在籍しています。

プライベートでは研究にも注力していきたいので、自分の裁量で自分の時間を確保できる環境を求めていました。まさにユーザベースは、わたしの望んでいた条件に合致していたんです。

 

入社後は営業経験を活かし、SPEEDAのCSチームに所属。また、組織の拡大にともない個々の顔がみえなくなる課題に対応するため、SPEEDA JAPAN全体ミーティングの立ち上げを行い、2016年10月より開始しました。

その後、コンテンツに携わりたいという想いからアナリストチームへ異動し、2018年1月からはentrepedia所属となりました。

それまでスタートアップとは無縁で、むしろ融資をする立場であったので、右も左もわからず手探りで進めています。

また、人前に出て話したり、営業やマーケ、事業全体のことを考えて行動するなど、未経験に挑戦する毎日で緊張感とワクワク感を日々楽しんでいます。

 

今後の個人的な夢としては、お客さまだけでなく、会社に対しても貢献ができる人間になりたいと思っています。

前職ではスキルや経験がなかったので助けてもらうことほうが多く、これからは個として強い人間になって、組織にもっと活性化を与えていきたい。そして、いざというときに身近な人を助けられる人間になりたいですね。そのためにも、仕事や研究で結果を出したいと思います。

 

<関連記事>
「自由な働き方の会社ありますか?」→「あるよ」って言われたのがきっかけ。金融機関からベンチャーに飛び込んだ理由
※この記事の内容は、インタビュー当時のものです。現在の所属チームや業務内容は異なる可能性があります。
※ユーザベースのカルチャーや働き方については「UB Journal」でもお伝えしています。

森 敦子からのコメント

社歴や経験に関係なく、発信すれば意見を聞き入れてもらえる環境があります。個人を大切にしてくれる会社です。

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

私たちと一緒に働きませんか?
募集の中に希望職種が見当たらなかったら
新しい職種を提案ください。

募集職種を見る

他メンバーのインタビューもどうぞ

インタビュー 一覧

シリーズから選ぶ

  • シリーズ

    私の挑戦

    9 interviews

  • シリーズ

    私の1日

    5 interviews

  • シリーズ

    私には夢がある

    18 interviews

キーワードから選ぶ

ユーザベースをもっと知るには

私たちが大切にしている
7つのこと

社名「ユーザベース」に
込めた想いとは