SPEEDA、法人営業向け機能を強化

2016.07.12

株式会社ユーザベース(本社:東京都渋谷区、代表取締役共同経営者:新野良介・梅田優祐)が提供する、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」(http://www.uzabase.com/speeda/)において、シナリオ別に営業候補先の企業リストをたった2クリックで作成する「ターゲットリスト」機能をリリースいたしましたのでお知らせします。

 

SPEEDA紹介ページ:http://www.uzabase.com/speeda/
ターゲットリスト機能のトライアル申し込み(無料):https://www.uzabase.com/speeda/contact/?type=trial

 

<ターゲットリスト機能のイメージ>
targetlist_nav_v2

 

SPEEDAを多くの企業の方にご利用いただく中で、「SPEEDAに格納されている多様なデータを組み合わせ、精度が高い営業ターゲットリストをすぐに作成できるようにしてほしい」というご要望を多数いただき、本機能を開発いたしました。

 

本機能をご利用いただくことで、SPEEDAが格納する115万社超の国内企業データの中からシナリオに該当する企業をリストアップし、さらに「業界」「地域」「規模」などの軸で絞り込むことが可能です。例えば、「広告宣伝費が伸びている」「食品関連業界の」「近畿圏に本社がある企業」といったリストアップも、たった30秒で完了します。

 

現在、50以上のシナリオを提供していますが、お客様のご要望にお応えしながら継続的にシナリオを拡充してまいります。

 

【営業シナリオの例】

 

・広告宣伝費が伸びている企業

・人材需要が高い企業

・オフィス移転需要が高い企業

・オーナー企業

・中国進出企業

・6月決算企業

・人工知能関連企業 など

 

SPEEDAでは今後もお客様の声にお応えし、より一層お客様にご満足いただけるサービスにつくり上げてまいります。

 

SPEEDA紹介ページ:http://www.uzabase.com/speeda/
ターゲットリスト機能のトライアル申し込み(無料):https://www.uzabase.com/speeda/contact/?type=trial

 

 

SPEEDAとは

 

アジア最大級の企業・業界情報プラットフォーム。世界180ヶ国以上の企業データ、550を超える地域別の業界データの他、M&A、統計、ニュースなど、あらゆる経済情報をカバー。使いやすさとスピードを追求する「テクノロジーの力」と、アナリストが執筆する業界レポート、企業リスト作成等を代行するコンサルティングサービスの「人の力」の両方で経営戦略、営業戦略の立案と意志決定をサポート。大手の銀行、証券、戦略コンサル、PEファンド等のプロフェッショナルファームにはほぼ全社導入され、現在は事業会社の経営企画部、営業企画部を中心に導入が広がっています。

URL: http://www.uzabase.com/speeda/

 

会社概要

 

社名: 株式会社ユーザベース / Uzabase, Inc.

設立: 2008 年 4 月 1 日

代表者: 代表取締役共同経営者 新野良介 / 梅田優祐

資本金・準備金: 10億4,957万円

所在地: 〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-18-14 恵比寿ファーストスクエア10F

会社 HP: http://www.uzabase.com/

 

お問い合わせ先(担当:広報)

 

電話番号:03-4574-6552

メールアドレス:pr@uzabase.com

  • SPEEDA、法人営業向け「自動ターゲティング」機能をリリース。Salesforce、Sansanと自動連携
  • ユーザベース、SPEEDA事業のアジア体制を強化