SPEEDA、中国語版を提供開始。中国コンテンツもさらに拡充

2019.03.29

株式会社ユーザベースは、企業・業界情報プラットフォーム「SPEEDA」において、中国語版の提供を開始いたしました。
これまで提供していた日本語・英語版に続いて3か国語目となり、今後、中国市場への展開を強めてまいります。

中国語版では、中国国内の企業・業界情報だけではなく、中国国外の市場情報などを中国語にて閲覧・取得が可能となります。
また、本リリースと共に中国市場に特化した市場分析レポートや企業情報なども大幅拡充し、コンテンツ強化も図ってまいります。

 

SPEEDA中国語版:https://ub-speeda.cn

 

SPEEDAは2009年にサービスを開始して以来、世界中の企業・業界情報にワンストップでアクセスできるプラットフォームとしての価値を追求してまいりました。

 

2013年にスタートしたSPEEDAアジア事業では、企業・業界情報や専門コンサルタントによる市場分析レポートに加え、アジア最大規模となるM&A取引情報などを提供。各国で異なる多種多様なお客様のニーズにお応えできるよう、コンテンツを拡充してまいりました。

 

近年では、特に中華圏のお客様からのニーズが増加傾向にあり、「中国市場・業界に関する情報を中国語で取得したい」という声にお応えするため、今回、SPEEDA中国語版をリリースいたしました。
また、お客様が中国市場の最新トレンドを把握し、次なる投資・事業戦略の立案・実行につなげられるように、中国ビジネスに役立つ市場分析レポートや企業情報などのコンテンツも拡充していく予定です。

 

今後もSPEEDAでは、大中華圏のお客様、さらには日本・東南アジア地域のビジネスパーソンの意思決定をより強力に支援するサービスを構築してまいります。

 

アジア事業CEO、内藤靖統のコメント

私達は2013年の上海・香港拠点の開設以来、大中華圏地域を所管する日系現地企業の成長を少しでもご支援できるように、SPEEDAサービスの強化を進めてまいりました。本年度からは、アジア事業内において中国地域への重点投資を進め、今回のSPEEDA中国語版のご提供を皮切りに、新技術動向やスタートアップ情報などのコンテンツの拡充、情報検索機能の強化を進めてまいります。さらには、引き続き良好な日中経済関係を後押しとして、中国内資企業の日系企業とのアライアンスや、同中国企業の日本市場への投資促進に対するご支援も拡大していきます。
今後もユーザベースでは、アジア圏のお客様の声にお応えし、SPEEDAをより一層ご満足いただけるサービスにつくり上げてまいります。

 

予定しているコンテンツ・サービスの拡充内容

・中国の新産業・新テクノロジーの分析レポート
・在中国現地日系企業情報
・中国スタートアップ企業情報
・中国企業・在中国外資系企業ターゲットリスト機能

 

SPEEDAについて

SPEEDAは、ビジネスパーソンの情報収集・分析における課題を解決する最先端のプラットフォームです。世界中の企業情報、業界レポート、市場データ、ニュース、統計、M&Aなどあらゆるビジネス情報をカバーしています。現在、事業会社、金融機関、コンサルティングファームなど1100社を超える導入実績があります。中期経営計画策定、M&A戦略策定、海外戦略策定、新規事業開発、競合企業調査、営業戦略策定、営業企画策定、マーケティングなど様々なビジネスシーンで活用されています。

 

会社概要

社名: 株式会社ユーザベース / Uzabase, Inc.
設立: 2008 年4月1日
代表者: 代表取締役共同経営者 稲垣裕介 / 梅田優祐
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木 7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
会社 HP: http://www.uzabase.com

 

お問い合わせ先

株式会社ユーザベース(担当:PR)
https://www.uzabase.com/contact/

  • 起業家と未来の仲間をつなげる「ami」ウェブ版をリリース
  • SPEEDA、国内未上場企業9万社のデータを拡充(提供:Baseconnect社)