起業家とサポーターがつながるライブアプリ「ami」を正式リリース

2018.10.01

ユーザベースグループの株式会社ジャパンベンチャーリサーチは、起業家とサポーターがつながるライブアプリ「ami」を正式にリリースいたしました。

amiは、スタートアップを運営する起業家の方がライブ配信を行い、起業家とライブ参加者の直接のやり取りを元に共感が生まれ、スタートアップと、その挑戦を応援するサポーターのつながりをつくるアプリです。まずはiOSアプリのみで、Android版は開発中です。

10月は、毎日12時からのライブ配信(平日のみ)で、約20名の起業家の方をご紹介します。

 

起業家とサポーターがつながるライブアプリ「ami」
iOS:https://itunes.apple.com/jp/app/ami/id1435032766
紹介サイトURL:https://ami.live/

 

<ライブ配信する起業家=Monthly ami liver>

 amiではライブ配信する起業家の方を「Monthly ami liver」と呼び、毎月15〜20名の起業家の方を取り上げます。

平日昼の12時から毎日配信し、1人の起業家がそれぞれ1ヶ月の間に2〜3回を目安にライブ配信します。配信時間は全体で30分から1時間程度の予定です。

・起業にいたるストーリー
・今何に困っているのか
・ライブ参加者の質問への回答

などのテーマを取扱っていく予定です。ライブ配信の内容はテキスト化もし、後日配信します。

 

<10月のMonthly ami liverのご紹介>


 

<amiサービス内容>

ami.story(自動再生ストーリー):

「なぜ起業したのか?」、「今困っていることは何か?」などについて、起業家が30秒の動画で答えます。そのスタートアップに興味を持ち、ライブ配信に参加してもらうきっかけを提供します。

ami.live(ライブ配信):

平日12時から毎日配信します。起業家のストーリーを深掘りしたり、ライブ参加者の質問に答えたりすることで、興味を共感に育てることを目指します。ユーザーは、そのスタートアップと「つながり」をつくり、応援するサポーターになることができます。

ami.company(サポーターサイト):

companyとは仲間を指し、スタートアップがつながりを持った人とやり取り出来る場を提供します。「応援しようという強い共感」に育つには過程が必要です。起業家が解決すべき課題に真摯に向き合い、行動し続ける過程を共にする。その過程があってこそ、起業家のストーリーが自分のストーリーに重なり、強い共感が生まれます。その過程がオープンになることで、共感の連鎖が生まれ、プロダクトマーケットフィット、採用、マーケティング、資金調達などの課題解決をサポートするコミュニティが生まれていきます。

 

<会社概要>

社名: 株式会社ジャパンベンチャーリサーチ / Japan Venture Research Co., LTD.
設立: 2011年4月5日
代表者: 代表取締役 佐久間衡
所在地: 〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
会社 HP: http://jvr.jp/

社名:株式会社ユーザベース / Uzabase, Inc.
設立:2008 年 4 月 1 日
代表者:代表取締役社長(共同経営者):稲垣裕介 / 梅田優祐
証券コード:3966(東証マザーズ)
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 13F
会社HP:http://www.uzabase.com/

 

<お問い合わせ先>

株式会社ジャパンベンチャーリサーチ・ami担当
https://ami.live/contact/

  • NewsPicks USA, LLCの完全子会社化に関するお知らせ
  • SPEEDA、2000におよぶグローバルメディアから配信される英語記事の提供を開始