SPEEDA CONFERENCE

#03

M&A戦略 × SPEEDA
〜 データ分析の活用法 入門編 〜

激化する市場競争の中、企業は成長を目指したM&A戦略の積極的な活用が急務となっています。 このたび開催するSPEEDA CONFERENCEでは、事業会社においてM&Aを担当する経営企画部、M&A推進室の皆さまを対象にM&A戦略立案においてデータをどのように活用できるか、これによりM&Aアドバイザリープロフェッショナルをどのように活用できるかなど、ご担当の皆さまが、より積極的にM&Aに取り組むためのノウハウをお伝えします。

主催:企業・業界情報プラットフォーム SPEEDA

  • M&A戦略 × SPEEDA 〜 データ分析の活用法 入門編 〜
  • 2015年7月15日(水) 14:00~16:00
  • 東京ミッドタウン・カンファレンス ルーム9 (ミッドタウンタワー 4F)(アクセス方法はこちら
  • 経営企画・事業開発・M&A推進などの関連部署ご担当者様
  • 定員80名
  • 無料

申込締切 2015年7月1日(水)
ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

SPEAKERS

Taro Okayama

岡山 太郎

株式会社SXA 代表取締役
マネージング・ディレクター

アーサーアンダーセン(英国)及びデロイト(英国)にて、国際税務・コーポレートファイナンス業務を担当。その後、シティグループ投資銀行部門にて、国内外のM&Aに従事。2009年からシグマクシスに参画し、2014年10月から株式会社SXAの代表取締役就任。ロンドンビジネススクールにてMBA取得。

Yasuhiro Yasumuro

安室 保宏

株式会社SXA ディレクター
公認会計士/日本証券アナリスト協会検定会員

中央青山監査法人にて法定監査業務や上場支援業務を担当し、みずほ証券では、エクイティ調査部において電力・ガス・石油・商社セクターのアナリシス業務に従事。その後、ビバルコ・ジャパン株式会社に参画し、2014年10月から株式会社SXAに参画。

Taira Sakuma

佐久間 衡

株式会社ユーザベース
日本事業統括 執行役員

UBS証券投資銀行本部にて、テクノロジーセクター及び金融法人セクターを担当し、企業の財務戦略アドバイザリー業務に6年間従事。2011年3 月から 2012年4月にかけては、ロンドン本社にて日本企業の欧州企業買収案件を担当。国内の大型統合案件、海外企業買収案件、資金調達案件等、公表 ベースで20件以上の幅広い案件執行実績を有する。2013年、UZABASEに参画。

PROGRAM

13:30

開場(受付)

14:00

開会のご挨拶

14:10

アドバイザー任せにしない「M&A戦略の作り方」

登壇者:岡山太郎、安室保宏

企業価値創造に直結するM&Aを実現させる上では、当事者である企業自らが、M&A戦略立案に積極的に取り組むことが鍵となります。本講演では、経験豊富なM&Aプロフェッショナルが、基本的なM&Aプロセス、企業が主体性をもって取り組むべきステップ、またそこでの効果的なデータの活用法について、SPEEDAのデモンストレーションも交えながら解説をいたします。

14:50

パネルディスカッション:経営企画におけるこれからのM&A

(※候補者調整中。確定次第、このページでお知らせいたします。)

15:50

終了

申込締切 2015年7月1日(水)
ご好評につきお申込みを締め切りました。
たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。