UZABASE

品質管理

SPEEDAの機能・データの質を担保するチームです。

品質管理チームでは、より早くより高品質な製品をユーザに提供することを信念とし、SPEEDAの品質改善業務に取り組んでいます。社内の開発エンジニアと協力してSPEEDAの機能・データ両面でのテストを実施することのみならず、国内外のデータサプライヤと連携を取り、データ精度を高めるなど、日々品質向上に努めています。

  • 藤田朋代 藤田朋代 2012年入社
Profile

お茶の水女子大学文教育学部人文科学科卒業後、大手SIerにて、自治体、官公庁のGIS構築プロジェクトにシステムエンジニアとして従事、その後、金融系ベンチャー企業にてIT統括担当を歴任。2012年、クオリティアシュアランスマネージャーとしてUZABASEに参画。現在、SPEEDAの品質管理向上に努める。

img_fujita_01
入社理由

日本から、ITベンチャーとしてグローバルにチャレンジできるUZABASEを知った時に、純粋にすごいと思いました。大学時代の海外留学経験で学んだコミュニケーション力と社会人になって学んだITスキルを十分に発揮できる環境であることに魅力を感じ入社しました。

img_fujita_02
現在の仕事内容

クオリティアシュアランス(QA)チームのマネジメントを主にやっています。QAチームとは、SPEEDAの新機能の品質チェックや、リリース後のSPEEDAの改善のためのチェックをおこなうチームです。チームで連携し、日々品質の向上に努めています。

img_fujita_03
うれしかったエピソード

入社当初はまだできたばかりで体制が整っていなかったQAチームが、徐々にチームとしての役割を明確にし、品質担保に貢献していることが社内で認知され始めたことです。開発チームと連携し、SPEEDAの新しい機能をどんどんリリースできていてとても達成感があります。

img_fujita_04
今後の目標

これから更にグローバルに成長していくUZABASEに、負けない速度で自分も成長していけたらと思います。技術的な視点とユーザーの視点、両方に立って考え、SPEEDAをよりよくしていくことに貢献したいです。会社と社会にリターンできる、いい仕事をしたなって実感する機会をもっと増やしていきたいです。

img_fujita_05
UZABASEの魅力

自由に、自分から「こうしたらよくなるかも」をチャレンジできる機会にあふれています。自由すぎることに、驚くこともありますが社員みなさん責任感とリーダーシップにあふれていてとても優秀です。日々、学ぶことがあり成長していけることがうれしいです。

img_fujita_06
オフの過ごし方

辛いものとワインが好きで、週末は友達とでかけます。オフではないですが、社内で「辛い部」を立ち上げました。

img_fujita_07